ペニス増大器具のアンドロペニスを用いた方法の特徴と、使い方

“ペニスを増大するための方法として「牽引して伸ばす」という物があります。
その為にチントレで引っ張ったり、器具を用い対するのですが。
アンドロぺ二ストもその道具のいつで牽引して増大することを目的にしています。
スペインのアンドロメディカル社が開発し世界各国で販売されています。

日本では公式サイトのほかに、各増強サプリや器具を扱っているサイトでも購入することが出来てサイトによっては返金保証のあるものもあります。

【特徴と使い方】

特徴は長時間の牽引を危惧がサポートしてくれることで、牽引しながら他のことが出来る利便性があります。
夜の一人の時間でせっせとトレーニングをするよりかは効率的と言えます。
危惧自体の作りも単純なもので根元の固定する部分とそこからバーが伸びて牽引する部分の構造になっています。
勃起状態のペニスから4㎝引いたサイズで器具の長さを固定し組み立てます。
出来上がったら、皮をむいて器具をセットし、長さの微調整の後に固定してカリ首のベルトを締めて牽引を開始します。

【使用上の注意】

まずはペニスに痛みを感じることがあります。
危惧の設定時に効果を高めたくて強く牽引するようにしたししてもペニスに負荷がかかりうっ血や、強い痛みを伴うだけでマイナスに働きます。
また数時間単位での着用が望ましいのですが、それを守るために痛みに耐える必要もなく、痛いと思えば無理せずに休憩をした方がいいです。
最終的には8~9時間連続で使用できるようになり、数カ月間行えれば使用の方法として間違いないです。

【デメリット】

やはり長時間つけるようになった時には外出等がしにくくなります。
当然仕事場につけていくことも難しく、睡眠中の使用は推奨されていないので時間の確保が難しい人には効果の実感まで月日ががかかる可能性があります。
また、家族に見られることも考慮すると、一人暮らしの在宅ワーカーくらいしかポテンシャル補引き出せて使用出来る人がいないことがあげれます。

あとは多少なりともコストがかかります。
アンドロペニスの中でも最もコストパフォーマンスがいいものは「アンドロペニスエクステンダー」で公式サイトで15000円前後で販売しています。
他には「アンドロペニスゴールド(シリーズ2種)」が25000~30000円で販売をされています。
それぞれの器具としての役割に大きな違いはなく、素材の違いで皮膚が弱い人や、部品の充実を望む人がゴールドを利用します。
この価格と日々の牽引による多少の痛みのデメリットと、結果に対しての満足度の中に分岐点があるが、使用してみて満足に至らないケースは返金に応じるサイトもあるので、そこからの購入がいいかもしれません。

【まとめ】

基本的には牽引のチントレを器具で長時間してくれることがメリットの商品になりますが、自身のライフワークと使用方法が折り合うかの確認はした方がいいです。
買ったはいいけどつけるタイミングがないとなると無用の長物になりますが、ライフワークがバッチリ合う人には楽に自動的に牽引をし続けてくれる便利なアイテムになります。”