ペニス増大サプリを飲用するなら海外製よりも国内産を選ぶと良い理由

“☆ペニス増大サプリは海外で多数作られている

ペニス増大サプリは、医薬品では無くあくまでも健康食品という扱いとなります。世界中で開発・製造・販売されているペニス増大サプリは、原則としてその地域に住む人に合わせて設計されているので、必ずしも日本人向けとは限りません。海外旅行先で現地の人を見ると、日本人よりも平均的な体格が大きく、現地で病院へ行くと薬も体重に合わせた処方がされることに気が付きます。
ペニス増大サプリは、薬ほど厳格な管理が行われないので、小柄な日本人が体型に合わない量のペニス増大サプリを服用すると、ペニス増大よりも副作用が目立ってしまう可能性があるわけです。ペニス増大サプリの多くは、血管拡張作用と男性ホルモン分泌促進作用があるL-シトルリンとL-アルギニンの両方をバランス良く配合しており、他の精力増強成分と合わせて効果を発揮します。実は、配合比率が企業秘密とされていて、副作用を抑えつつペニス増大効果のみを引き出すためには、絶妙な配合比率と服用量が必要です。

☆日本人と欧米人では体質が異なる

海外旅行先で食事メニューを出された時に、日本人には1人前では無く2人前出されたのではないかと勘違いすることが多いです。特にアメリカへ旅行すると、体格差と平均摂取カロリーの違いだけでなく、主食からして異なるので代謝自体が違うと実感出来ます。ペニス増大サプリを服用した時の反応も、主成分であるL-シトルリンとL-アルギニンが体内で作用する際に、持続的にペニス周辺の血流量が常時増大することが重要です。主成分をサポートする精力増強成分の組み合わせが大切となります。
日本人は、欧米人と比較してタンパク質や脂質の代謝よりも炭水化物の代謝が得意であって、精力増強成分の吸収率が配合されている成分により変わります。同じ期間服用しても、ペニス増大サプリごとに成果の表れ方が異なるのは、本人の体質に合わせた補助成分の配合が必要となるからです。

☆日本人向けに開発された国内産のペニス増大サプリが安全

日本人向けに開発された国内産のペニス増大サプリは、同じ商品ブランド名であっても海外から直輸入した製品とは異なるケースが多いです。なぜなら、日本国内では使用が禁止されている成分が含まれている海外製ペニス増大サプリは、直接輸入販売すると薬事法に抵触する可能性が出てしまいます。
良くある例として、海外製ペニス増大サプリには、シナデルフィルが含まれている製品が多いですが、日本国内では処方箋が必要な成分です。シナデルフィルは、ED治療薬として知られるバイアグラにも含まれているので、効果と共に副作用の強さが問題視されています。心臓への負担が大きく、動機や頭痛を引き起こすことがあるので、日本国内産のペニス増大サプリには含まれておらず、代替の精力増強成分が入っています。
ペニス増大サプリは、あくまでも健康食品という扱いであって、数ヶ月単位で飲用することにより緩やかなペニス増大効果を期待するものです。安全性を確保しつつ、ペニス増大を目指すなら、海外製よりも国内産のペニス増大サプリを利用すると良いです。”