効果の強く期待できる可能性が高いとされているペニス増大手術

“・ペニスの長さを確実に伸ばせる可能性が高い

ペニス増大手術では、着実に長さを伸ばすことのできる可能性が高いのではないかと考えられています。陰茎の長さを着実に伸ばしたいと思う人にとっては、増大手術は受けることが推奨されるものとして取り上げられていることから、男性たちからの関心や興味が非常に強く示されています。

実際に増大手術を受けることに伴い、3cmから5cm程度の長さのアップを見込むことができるのではないかと認識されています。勃起していない、平常の状態でこの程度の長さが伸びるものとみられているため、実際に増大手術を受ける人は多くなっていると言えるのではないでしょうか。増大できる長さの幅は、実際に手術を受ける人によって想定できる長さには違いがあると考えられています。

適切な方法で増大のための手術や治療を展開することに伴い、外見的に問題なく長さを伸ばせることが見込まれると考えられています。手術を受けている人の多くが、長さを増幅させられていると考えられていることから、概ね高い評価が示されているとみられています。

・複数の形式で展開される増大手術

ペニスの増大手術は、複数の方法で展開されているのではないかと考えられています。最も高い頻度で行われる手術としては、体内に埋まっているペニスを引き出すとうアプローチで実施される手術です。ペニスの靭帯を伸ばしながら、全体的な長さを上積みさせることが目的とされており、積極的にこのスタイルでのペニス増大手術が実現されています。多くの手術経験者が、ペニスを伸ばせていると実感しているのではないかとみられています。

また、亀頭にコラーゲンやヒアルロン酸などを注入し、ペニスの大きさを充実させる方法も取り入れられています。長さ自体を伸ばすことに加えて、亀頭が大きくなる動きにも繋がることから、男性が希望するペニス増大手術のひとつとして、しばしは挙げられています。ペニスの見た目についての側面でも、手術を受ける人が希望するものに近付く可能性が極めて高いとみられていることから、この治療方法を選択することも強く推奨されていると考えられています。

・手術を受ける人のニーズに合わせた方法の選択

増大手術を受ける人のニーズに合わせて、実際に行う治療の選択を進めることが望ましいのではないかと認識されています。ペニスの長さを大きくしたい場合には、陰茎の靭帯を伸ばしながら全体的に数cm程度の長さのアップを目指すことがベストであると言えるでしょう。現在ではこのようなスタイルがポピュラーと考えられているため、陰茎増大に関する手術では人気の度合いが高くなっているのではないかと思います。

亀頭の大きさを増大させることも、手術によって実現できる可能性はかつてに比べてアップしてきているのではないかと認識されています。長さと共に、亀頭の大きさも男性にとっては重要なポイントのひとつとして挙げられつつあることから、治療を受けにあたっての利点であると捉えられています。今後は長さを伸ばすことに加えて、亀頭の大きさに関連する面での手術もスタンダードに展開されていくのではないでしょうか。”

本当に効くペニス増大サプリランキング

ペニス増大器具のアンドロペニスを用いた方法の特徴と、使い方

“ペニスを増大するための方法として「牽引して伸ばす」という物があります。
その為にチントレで引っ張ったり、器具を用い対するのですが。
アンドロぺ二ストもその道具のいつで牽引して増大することを目的にしています。
スペインのアンドロメディカル社が開発し世界各国で販売されています。

日本では公式サイトのほかに、各増強サプリや器具を扱っているサイトでも購入することが出来てサイトによっては返金保証のあるものもあります。

【特徴と使い方】

特徴は長時間の牽引を危惧がサポートしてくれることで、牽引しながら他のことが出来る利便性があります。
夜の一人の時間でせっせとトレーニングをするよりかは効率的と言えます。
危惧自体の作りも単純なもので根元の固定する部分とそこからバーが伸びて牽引する部分の構造になっています。
勃起状態のペニスから4㎝引いたサイズで器具の長さを固定し組み立てます。
出来上がったら、皮をむいて器具をセットし、長さの微調整の後に固定してカリ首のベルトを締めて牽引を開始します。

【使用上の注意】

まずはペニスに痛みを感じることがあります。
危惧の設定時に効果を高めたくて強く牽引するようにしたししてもペニスに負荷がかかりうっ血や、強い痛みを伴うだけでマイナスに働きます。
また数時間単位での着用が望ましいのですが、それを守るために痛みに耐える必要もなく、痛いと思えば無理せずに休憩をした方がいいです。
最終的には8~9時間連続で使用できるようになり、数カ月間行えれば使用の方法として間違いないです。

【デメリット】

やはり長時間つけるようになった時には外出等がしにくくなります。
当然仕事場につけていくことも難しく、睡眠中の使用は推奨されていないので時間の確保が難しい人には効果の実感まで月日ががかかる可能性があります。
また、家族に見られることも考慮すると、一人暮らしの在宅ワーカーくらいしかポテンシャル補引き出せて使用出来る人がいないことがあげれます。

あとは多少なりともコストがかかります。
アンドロペニスの中でも最もコストパフォーマンスがいいものは「アンドロペニスエクステンダー」で公式サイトで15000円前後で販売しています。
他には「アンドロペニスゴールド(シリーズ2種)」が25000~30000円で販売をされています。
それぞれの器具としての役割に大きな違いはなく、素材の違いで皮膚が弱い人や、部品の充実を望む人がゴールドを利用します。
この価格と日々の牽引による多少の痛みのデメリットと、結果に対しての満足度の中に分岐点があるが、使用してみて満足に至らないケースは返金に応じるサイトもあるので、そこからの購入がいいかもしれません。

【まとめ】

基本的には牽引のチントレを器具で長時間してくれることがメリットの商品になりますが、自身のライフワークと使用方法が折り合うかの確認はした方がいいです。
買ったはいいけどつけるタイミングがないとなると無用の長物になりますが、ライフワークがバッチリ合う人には楽に自動的に牽引をし続けてくれる便利なアイテムになります。”

2chに書き込まれているペニス増大サプリの口コミはその通りなのか

“ペニス増大サプリのことを2chの口コミを調べてみると「ペニスが大きくなる前に体が心配になってきた」や「効果があると飲んでみたが、頭痛がしてきた」、「10種類程度の成分しか含まれていないのにこんなんでペニスがでかくなるわけがない」など批判的な口コミが多く書き込まれています。ペニス増大サプリは本当に効果がないのでしょうか。

ペニスの悩みを抱えている男性は多くいています。性的なことなので人には言えず、抱え込んでいる人もいているでしょう。しかし、2ちゃんねるの掲示板を見ると匿名性が強く、個人が特定されることが少ないため、気軽に悩みや意見を交わしている人が多くいています。なので、一人で考え込まずに誰かに相談することで悩みがすっきりすることもあるので、悩んでいる人は1度書き込みをすると良いでしょう。

【ペニスの増大手術はリスクがある】

ペニス増大する方法としていくつか方法はあります。まずは「手術する方法」。誰しもペニスを大きくしたいと思ったらまず浮かぶことは、手術を受けることだと思います。でも、ペニス増大手術というのは費用がだいたい10万円から30万円の費用がかかってしまい、踏ん切りがつかないという人も多くいます。確かにペニス増大手術は即効性があり、手術に成功するとすぐに増大したペニスを手に入れることができます。しかし、手術なので失敗するリスクもありますので、手術を選ぶ時に覚悟が必要です。

自分が思うにペニス増大手術というのは「最終手段」だと思っています。リスクが伴うことなので、色々な方法を試してみてダメだったらペニス増大手術をするべきです。他の方法としては「チントレ」や「食生活の改善」などありますが、自分がおすすめするのは「ペニス増大サプリ」を服用することです。

【ペニス増大サプリを選ぶ時の注意点】

サプリを飲むだけでペニスが増大している人も多くいています。最初に説明した通り2chの口コミで「効果がない」「副作用があった」などと書き込みされています。しかし、それは自分の体質に合ったペニス増大サプリを選んでいないからです。まず、ペニス増大サプリの選び方としてやってはいけないことは「広告や名前で選ぶこと」や「海外直輸入という言葉で選ぶこと」だけでペニス増大サプリを選ぶのはやめておきましょう。

【ペニス増大サプリの選び方】

ペニス増大サプリの選び方として「有効成分が配合されている」ことが大事です。ペニス増大サプリとして販売されていたとしても増大効果のある有効成分が含まれていなければいくら飲んでも効果はありません。一般的に多く含まれている有効成分が「シトルリン」です。このシトルリンは血流改善効果があり、ペニスの海綿体への血流を増やす効果があります。なので、このシトルリンが含まれていなければペニス増大効果は期待できませんので、注意して購入するようにしてください。

あと、サポート体制が整っている会社のペニス増大サプリを選ぶようにしましょう。効果がなかったや副作用があったなどがあれば返金保証してもらえたり、メールや電話でサポートしてくれる会社の方が良質なペニス増大サプリである傾向が強いです。なので、サポートもきちんとしているかという点も調べてから購入すると良いでしょう。”

嘘?本当?ペニス増大サプリの効果でペニスは大きくなるのか

“誰もが羨むほどのペニスサイズならば感じたことはないかもしれませんが、世の多くの男性は「自分のペニスがもっと大きくなれば……!」と思っています。「日本人の平均的なペニスサイズは約13cm」というのが一つの指針になっていますが、15cmくらいまでならば「普通サイズ~少し大きめサイズ」となり、16cmを超えたあたりから「巨根」と呼ぶようになります。平均サイズ程度あれば不満を感じることは少ないですが、平均以下の場合は強く不満を感じる可能性も高まります。

【ペニス増大サプリを使ってサイズアップを目指す】

体が成長する過程で自然にペニスも成長していきますが、その段階で何らかの原因によって正常にペニスが成長しない場合があります。原因にはマスターベーションの方法や包茎などがありますが、成人になったときにペニスの成長が不足しているということになれば何らかの対策が必要です。25歳程度まではペニスが成長するといわれていますが、ならばこそその段階で追い込みをかけるがごとく成長を促進するためにも「増大に向けたアプローチ」を行いましょう。

ペニスサイズ増大を目指す方法には、大きく「手術」「増大サプリ」「増大トレーニング」の3つがあります。このうち、特に近年注目が集まっている方法が「ペニス増大サプリ」ですが、以前からこの手の商品には「嘘ではないのか?」という噂が付きまといます。本当は効果がないにもかかわらず高い効果が期待できるかのようにコマーシャルを行っている増大サプリも実際に存在しますが、間違いなく効果が期待できるものもあります。少なくともすべてのペニス増大サプリが効果がないということではなので、効果が期待できるものを選びさえすれば可能性が広がります。

【本当に効果のあるペニス増大サプリの条件】

今はインターネットがあるので簡単に情報を調べることができます。気になっているペニス増大サプリをキーワードに検索をすればすぐに関連情報が出てきますが、最大の問題は正にその情報です。インターネット上には膨大な量の情報が存在していて、その中から受け手が取捨選択する必要があります。明らかに根拠のある情報以外にも嘘、推測や憶測の情報がたくさんあるので、そういった価値のない情報を避けなければいけません。また、インターネット上に存在する情報は「誰かが意図して作成したもの」なので、意図して偽りの情報を作成することも往々にしてあります。

ペニス増大サプリなどは特にそうで、その商品をネット上で紹介することで利益を得られる環境(アフィリエイトなど)の人が嘘をついてセールスすることが多いので注意しましょう。

【本物を見抜くポイント】

本当に効果のあるペニス増大サプリなのかどうかを判断するポイントは、「含有成分」です。たとえば、「鹿の角」「馬の陰茎や睾丸」「すっぽんの生き血」「マムシエキス」などはほとんどが科学的、医学的な根拠に乏しいものです。しかし、「L-シトルリン」などは明確な効果が証明されているため、まずはこれらの成分が”豊富に”入っているかどうかをチェックしましょう。

【大きければ良いというわけでもない】

大きいペニスに憧れを抱く男性は少なくありませんが、その最たる理由は「AVの演出を勘違いしているから」です。確かに大きなペニスを好む女性がいますが、多くの女性が平均的なサイズ(13~15cm)を好むというアンケート結果もあります。逆に大きいペニスだと女性が恐怖やストレスを感じてしまうこともあるので、その辺をよく考えながらペニス増大に取り組むことが必要です。”

ペニス増大サプリの危険性と副作用を知り、安全に利用しよう

“自身のコンプレックスを改善する為や、満足のいく性行為の為に多くの増大サプリがありますが、何も知らずに服用することに関しては危険性があります。
「飲んだけど効果が出なかった」ならまだしもそれが理由で体に害が出るようであればお金を払って不健康になっただになるので、
使用上の注意や、購入の経緯をしっかり意識することで危険なく取り組めるように、注意点と副作用について記します。

【そのサプリは安全か?】

まず購入の経緯ですが、安心と間違いなく言えるのは国産のサプリメントです。
理由は使用用途が日本人に合わせて配合された成分で効果が期待出来やすく、ラベルを見ることで何が入っているかすぐにわかります。
また市場に販売するまでも厳しい審査で使用禁止の成分が含有されることのない安全面があります。
裏を返せば海外製の輸入サプリメントに気をつけて頂きたい、当然安全委に使用できるものもありますが、外国の人の体格に合わせた摂取量だったりするケースや、日本での使用禁止成分が含まれていることが可能性としてあり得ます。
また、それ以外にもそもそも海外製で信用できないサプリメントもあり、有害な混ぜ物や異物が入っていることもあり得ます。
ラベルを見てもないが入っているかわからないし、それすらも虚偽の可能性もあるので極力国内サプリをお勧めします。

【副作用】

殆どのケースが過剰摂取における場合で、下痢、激しい動機、発熱、頭痛などになります。
増大サプリの中でこれらの原因をおこす成分としては亜鉛、アルギニンなどがあげられます。
亜鉛は2g以上の摂取で副作用がでる恐れがありますが、この量は摂取しようと思ってもなかなか取り込める量ではなく、かなりのサプリメントを一気に飲みでもしない限りほとんど心配はありません。
アルギニンは大量にとると消化器官への負担が大きくなり、下痢や、胸のむかつきなどを引き起こす要因になり、過剰摂取を継続しているとどんどん消化器官が荒れてくるので相性のいいも食品と一緒に摂取することをお勧めします。
アルギニンさんがアルカリ値が高いのでクエン酸を多分に含んだもので中和したり出来ます。

また、稀にですが普段サプリメントを取らない人が利用し始めの時期にお腹を壊すこともあります。
普段取らない量の成分が入ってきたことによる拒絶反応ですが、継続で続けていると落ち着いてきます。

【まとめ】

基本的には国内販売のサプリメントで、しっかりと用法と用量を守ってさえいれば安全に増大サプリは利用できます。
しかし、一定期間飲むのを忘れたからと言って大量にのんだり、効果をより多く出すために他のサプリと併用して過剰摂取になる可能性はあるので、自分が何を摂取していて、それによる効果はどういった物か理解しながら飲む必要があります。
同じような理由で海外製で何が入っているかわからないけど効くと評判だからとか、製造元も良く分からない謎の企業とかのサプリメントの使用はお勧めしません。”

ペニス増大サプリを飲用するなら海外製よりも国内産を選ぶと良い理由

“☆ペニス増大サプリは海外で多数作られている

ペニス増大サプリは、医薬品では無くあくまでも健康食品という扱いとなります。世界中で開発・製造・販売されているペニス増大サプリは、原則としてその地域に住む人に合わせて設計されているので、必ずしも日本人向けとは限りません。海外旅行先で現地の人を見ると、日本人よりも平均的な体格が大きく、現地で病院へ行くと薬も体重に合わせた処方がされることに気が付きます。
ペニス増大サプリは、薬ほど厳格な管理が行われないので、小柄な日本人が体型に合わない量のペニス増大サプリを服用すると、ペニス増大よりも副作用が目立ってしまう可能性があるわけです。ペニス増大サプリの多くは、血管拡張作用と男性ホルモン分泌促進作用があるL-シトルリンとL-アルギニンの両方をバランス良く配合しており、他の精力増強成分と合わせて効果を発揮します。実は、配合比率が企業秘密とされていて、副作用を抑えつつペニス増大効果のみを引き出すためには、絶妙な配合比率と服用量が必要です。

☆日本人と欧米人では体質が異なる

海外旅行先で食事メニューを出された時に、日本人には1人前では無く2人前出されたのではないかと勘違いすることが多いです。特にアメリカへ旅行すると、体格差と平均摂取カロリーの違いだけでなく、主食からして異なるので代謝自体が違うと実感出来ます。ペニス増大サプリを服用した時の反応も、主成分であるL-シトルリンとL-アルギニンが体内で作用する際に、持続的にペニス周辺の血流量が常時増大することが重要です。主成分をサポートする精力増強成分の組み合わせが大切となります。
日本人は、欧米人と比較してタンパク質や脂質の代謝よりも炭水化物の代謝が得意であって、精力増強成分の吸収率が配合されている成分により変わります。同じ期間服用しても、ペニス増大サプリごとに成果の表れ方が異なるのは、本人の体質に合わせた補助成分の配合が必要となるからです。

☆日本人向けに開発された国内産のペニス増大サプリが安全

日本人向けに開発された国内産のペニス増大サプリは、同じ商品ブランド名であっても海外から直輸入した製品とは異なるケースが多いです。なぜなら、日本国内では使用が禁止されている成分が含まれている海外製ペニス増大サプリは、直接輸入販売すると薬事法に抵触する可能性が出てしまいます。
良くある例として、海外製ペニス増大サプリには、シナデルフィルが含まれている製品が多いですが、日本国内では処方箋が必要な成分です。シナデルフィルは、ED治療薬として知られるバイアグラにも含まれているので、効果と共に副作用の強さが問題視されています。心臓への負担が大きく、動機や頭痛を引き起こすことがあるので、日本国内産のペニス増大サプリには含まれておらず、代替の精力増強成分が入っています。
ペニス増大サプリは、あくまでも健康食品という扱いであって、数ヶ月単位で飲用することにより緩やかなペニス増大効果を期待するものです。安全性を確保しつつ、ペニス増大を目指すなら、海外製よりも国内産のペニス増大サプリを利用すると良いです。”

日々の食べ物により、ペニス増大をするには何を意識すべきか

“男性の欲望としてペニスの増大は付きまとうものではあります。
その中で出来るだけ安全で日々の生活の中で無理なく取り入れる方法として、単純な食事からの栄養摂取があげられます。
サプリメント等を利用せずに食事での増強を目指せる食材や摂取の仕方を記します。

しかし、そもそも食事の前に健康な体の状態であることが前提になります。
睡眠もしっかりとれていて、飲酒や喫煙もひどくなく運動量も足りている万全の状態だからこそ体に変化が現れるものであって、それが蔑ろにされているのにペニスだけ元気にしたいという要望は体受け入れてくれないので、思い当たる方は食事と一緒にそちらの生活習慣の改善もいた方がいいかと思われます。

【動物性由来の食べ物】

よく言われるのが精のつく食べ物として、ウナギや牡蠣やスッポンなどがあげられます。
共通点は亜鉛を含んでいる事、セックスミネラルと呼ばれるほどの栄養素で精子量の増加が期待できます。
各種ミネラルや、アルギニンなどの血流を促す物も多く増強の一役をになうに十分な食べものです。
ウナギに関しては亜鉛の成分が非常に多いというわけではないが、ビタミン各種が抗酸化作用として体に作用し血流の増加や食欲の増強でバテ安い時期にもしっかり栄養を取ることが出来ます。
また時期によってはカニなども多分に亜鉛を含むので積極的に摂取したい食べ物と言えます。
少々お値段が張りますが旬の味も味わいつつ、健康に増強出来ます。

【植物由来の食べ物】

栄養ドリンクなどにも入っている、ニンニクやマカ、蛋白質の多い大豆食品、または精力剤の成分を含んでいるウリ科の物などがある。
男性ホルモンの生成を促す成分の多いニンニクやニラや玉ねぎなどは食べると身体もポカポカするし成分的にも文句なしです。
大豆の成分のなかには増強に効果のあるアルギニンも多分に含まれている上に体を作るたんぱく質が多いです。
またウリ科にはシトルリンと呼ばれる精力剤にも含有せれている成分が多く入っています。
その中でも特にスイカに含有量が多く入っています。

【効率のいい摂取の仕方】

動物性でも即物性でも基本的には火を通しすぎず、栄養素を漏れなく摂取d系るのが理想の形です。
一番有効なのは丸ごと煮てスープに指定しまう方法です。
溶けだしたビタミンなども飲むことで摂取出来ますし、調理も簡単です。
鍋なども同じ意味合いで吸収しやすく補助的に他の食材も取れることで体の機能向上と増大に役立ちます。
あまり熱を入れすぎると栄養成分も破壊されるので、美味しく食べつつ増強につながる調理法も考慮したほうがいいです。
旬の食材によっては生でも食べれるものもあるかと思いますが、逃さず壊さずに摂取する方法としては最適だと思います。

【まとめ】

たかが食事ですが、1日3食で1年で1000食を超える栄養の補給手段です。
小さいながらも日々の積み重ねは必ず体に影響を及ぼし始めるものになります。
栄養バランスよく体も健康になりつつ増強することが出来ればこれに勝ることはありません、好きなモノだけでなく体のことも考えた食べ物のセレクトも是非してみてください。”

気になるペニスの平均サイズはどのくらい?女性の理想サイズは?

“ペニスの長さや大きさの平均は男性として気になるものです。
男性が男性たるべき象徴のペニスですから、平均より小さいか大きいかで感じ方も違ってきます。
そこで、日本の平均的なペニスの大きさなどを紹介しましょう。

・日本人の平均サイズはどのくらい?

ずばり、日本のペニスサイズの平均は、アンケートなどを取った企業によってばらつきがあります。
あるコンドームメーカーの調べによると、勃起した時の平均サイズは13.56cm、亀頭の直径が3.53cm、竿の直径が3.19cm、太さが10.1cmとなっています。
通常時のペニスの平均サイズについては発表している企業がほとんどありませんが、ある企業では平均は8cmとなっていますね。
通常時よりも勃起した時のサイズが重要なので、平均すると13.56cmというのを目安にするといいでしょう。

・世界の平均サイズはどのくらい?

日本人の平均ペニスサイズは世界的に見たらどうなのか気になりますよね。
まず、平均サイズで1位だったのはスーダンで、17.95cmです。
日本人平均と比べるとかなりサイズがデカくてイメージ通りで、2、3位も南米系の外国が占めています。

欧州に絞ったランキングだと、1位はアイスランドで16.51cmと南米系よりは小さいものの、充分な大きさですね。
ちなみに、ワールドデータでは世界の平均サイズは13.91cmで、日本人は何と10.92cmという結果になっています。
国内平均よりも小さいサイズになっていて、人種や人口の占める割合から小さいサイズになっていると見られます。

・女性が求める理想のサイズはどのくらい?

ペニスの平均サイズがわかったところで、やはり女性が満足してくれるサイズが一番気になるポイントですね。
女性の膣の深さは実は9cmなので、充分日本人の平均サイズのペニスでも満足させられそうです。
あまりサイズが大きすぎても女性が痛がりますから、平均サイズでちょうどいいくらいです。

これも、色んな企業が発表しているサイズがまちまちでバラつきがあり、平均すると15cmから16cm、太さが13cm程度という結果です。
女性は意外と大きめなサイズを求めていて、平均サイズよりも長さや太さは上を望んでいるということです。
理想と現実はやはり違っていて、女性がこれなら満足できるというサイズ平均は長さ12cm、太さ10cmです。
これなら平均サイズでも女性のニーズを満たしてあげられて、平均サイズでいいんだとほっとできますね。

・ペニス増大方法は色々ある

国内平均や海外での平均、女性の理想サイズや満足できるサイズなどを見てきましたが、平均より小さいと嘆く必要はありません。
今の時代、色んなペニス増大方法がありますから、色々と試してみるのがおすすめです。
お手軽なサプリを使った方法やトレーニング法、食生活を改善するだけでも効果があります。
即効性のある方法はたいてい体に負担がかかっていいい事なしなので、地道に自分でできる方法でトライしていきましょう。”

チントレでペニス増大!?チントレで理想のペニスを手に入れよう!

“1 理想のペニスを手に入れるためにやれること

ご自分の理想のペニスを手に入れるためにはサプリを飲むのが効果的ではありますが、それだけではなくご自宅でも簡単にできるペニスを鍛えるトレーニング「チントレ」法が存在します。今回は筆者もやったことがある方法も合わせてご紹介していきたいと思います。チントレをすることでペニスを鍛え、ペニスを増大させることが出来ますので是非お試しください。

2 チントレのメリットとデメリット

チントレはなんといっても家でもできることが一番のメリットです。特別な指導を受けたりモノを購入する必要がなく、手軽に始めることが出来ます。お金がかからないのもメリットの一つです。手術をしたりするとどうしても大きな金銭が発生してしまうのでこういった面でもチントレはおトクなペニス増大方法と言えるでしょう。
デメリットは結果が出るまでに時間がかかることです。他のサプリや手術と違い、目に見える結果が出るまでに時間がかかるのが難点です。今すぐに大きくしたいという方は他の手段を使うようにしましょう。

2 超簡単!ペニスを引くトレーニング

読んで字のごとくのペニス部分を握って、そのまま引くだけのトレーニングです。ペニス自体は本来身体の中に埋没した状態になっています。それを外に出してやるためのトレーニングがこちらです。
やり方は簡単で、オナニーをするときのようにペニスを勃起させたら、そのままゆっくりとしごくようにペニスを伸ばしていく。これを20回ずつ行うだけです。ペニスを上向きにしてやるのが特におすすめで、効果を期待することが出来ます。また、亀頭の部分だけを優しく持って伸ばしてやるようにすると亀頭の増強にも繋がります。
注意点としてはあまり強く引っ張りすぎないことです。あまり強く引っ張りすぎると痛くなってしまうので気をつけましょう。
こちらのトレーニングでは特にペニスの「長さ」をアップすることが期待できます。他のひとよりもペニスが小さくて悩んでいる方はぜひ試してみて下さい。

3 あなたは耐えられるか!寸止めトレーニング

こちらもそのままのトレーニング方法ですが上のものに比べると難易度が上がります。オナニーをするときのようにペニスを勃起させたら、そのまま射精寸前までオナニーを行ってください。射精寸前になるペニスはパンパンに腫れる形になり、太さも最大値を迎えます。射精しそうになったら刺激を止めて落ち着いたらまた再度弄り始める。この繰り返しです。
ペニスは射精の瞬間に太さを急激に失います。しかし、このトレーニングを積むことによってペニスの太さをキープすることが出来るようになります。筆者は知らず知らずのうちにこの方法を実践していた結果ペニスサイズが同僚の誰よりも太くなってしまいました。
ポイントはあくまでも射精寸前で寸止めしてあげることです。射精しないように気を付けてくださいね。

いかがでしたでしょうか?ペニスサイズを増大するチントレを行う事でさらにあなたのペニスをワンランクアップさせてあげましょう。”

チンコを大きくする方法にはいったいどんな方法があるのかを紹介

“ 男性が体の中でコンプレックスを感じる部分の1つに、大事な急所であるチンコが挙げられます。特にチンコの大きさが小さい男性は「性行為のとき女性に見られるのが恥ずかしい」「男性同士で旅行へ行った時お風呂場で見られるのが恥ずかしい」など、いろいろと気にしてしまいます。そこで、チンコを大きくする方法がないかどうかですが、大きくなると思われている方法はいくつかあります。では、いったいどんな方法があるのか、代表的な方法を取り上げてみます。

 食生活を見直してチンコを大きくする

納豆や味噌などの大豆製品や牡蠣は精力アップに良いとされていて、チンコを大きくするのに役立ってくれるかもしれない食品です。これらの食べ物を食生活に積極的に取り入れれば、チンコが大きくなる可能性はあります。食品ではチンコに対してそれほど大きな影響はないかもしれませんが、まずよほど嫌いな食べ物でなければとりあえず誰でも簡単にできるのが良い点です。効果が見られるまで時間がかかるかもしれませんが、取り組みやすくて続けやすい方法です。

 チンコ増大サプリを飲む

チンコを大きくする方法としてポピュラーなのが、チンコ増大サプリを飲むことです。チンコ増大サプリは一般的な通販でも場合によっては普通に買うことができますので、手軽にできるチンコを大きくする方法です。ただ、一言にチンコ増大サプリと言ってもいろいろな商品がありますので、どの増大サプリを選べば良いのかはよく考えなければいけません。

精力アップの成分が含まれているチンコ増大サプリなら男性の望む結果になりやすいですが、それはあくまでも目安です。また、チンコ増大サプリを飲んで望む結果になるかどうかは体との相性もありますので、しばらく気長に待つより他ありません。もしもチンコ増大サプリを飲んでみてどうなのかがどうしても気になるなら、すでに買って飲んでいる男性の口コミをよく確認してから買うようにすれば期待できるチンコ増大サプリがどれなのかわかります。チンコ増大サプリを飲むのは、チンコを大きくする方法の1つです。

 増大手術を受ける

サプリを飲むよりもさらに期待できるチンコを大きくする方法は、専門クリニックで増大手術を受けることです。増大手術ともなればただサプリを飲むのと比べて手間がかかりますが、その分思い通りの結果になりやすいです。きちんとした実績のある専門クリニックで、カウンセリングや手術説明をしっかり受けてから増大手術を行えば、チンコを大きくできるかもしれません。増大サプリを飲むのに比べれば手間もお金もかかりますが、それだけに十分な結果を見込めます。チンコを大きくする方法としてはより踏み込んだ方法ですので、チンコが小さいことに深く悩んでいるなら検討してみて良いのかもしれません。

 まとめ

男性にとってチンコが小さいことはコンプレックスになりやすいですが、大きくする方法はいくつかあります。これらの方法を試せば期待通りの結果になると断言はできませんが、どうしても困っているなら検討の価値はありそうです。”